● オンラインセミナー

金型は熱交換器!射出成形の金型温度調節機選定の考え方

金型は熱交換器!射出成形の金型温度調節機選定の考え方

9月28日(水)11時 開催

9月28日(水)11時にハーモウェブセミナー『金型は熱交換器!射出成形の金型温度調節機選定の考え方』を30分ほど開催いたします。

プラスチック成形において、成形品の品質にもっとも影響を与えるのは金型の温度です。金型の温度が適切でないとウェルドラインや転写不足、ヒケや寸法不良といった成形品の不良発生原因となります。

金型の温度を一定に保ち、これらの不良を防ぐために金型温度調節機は用いられます。設備選定基準にお悩みの方成形品の不良率を改善させたい方に最適なセミナーです。ぜひお気軽にご参加ください。

『成形不良改善』がテーマのセミナーです

成形不良などの問題は周辺機器の活用で解決できることが多々あります。射出成形周辺機器の国内唯一の総合メーカーであるハーモだからこその製品群で皆様のお悩みを解決できるかもしれません。お申し込みの際には今のお悩み事もお気軽にお寄せください。

今回のセミナーでは成形不良の課題をテーマに、「金型温度調節機」「トータルリンク」をご紹介いたします。ぜひご参加ください。

セミナー内容(予定)

  1. 一般的な金型温調機の選定基準
  2. 今の金型温調機の選定は正しいですか?
  3. 熱交換能力から温調機の選定基準を考える
  4. 媒体流量と温度変化を常に監視する必要性
  5. 常に一定の熱交換を実現するトータルリンク

ご参加方法

下記のフォームからお申し込みください。(ご参加は無料です)
ZoomのURLを自動配信メールにてお送りいたします。
お時間になりましたらZoomにお入りください。

こんな方におすすめ

  • 成形品の設定に手間がかかる(射出成形機オペレーター様)
  • 成形不良が発生しても気付きにくい(生産ライン管理者様)
  • 成形不良の問題点が特定できない(品質管理者様)
  • 成形品の品質が作業員のスキルに左右されてしまう(工場責任者様)
  • 今より生産性を向上したい(経営者様)

登壇者

河口尚久|ハーモ

営業推進部

講師:河口尚久

今の貴社の温調機の機種選択が正しいのかどうか、計算で確認していきたいと思います。それと同時に、温調機を一括で設定、監視をして不良を出さないシステムもご紹介します。

登壇者

横山美奈子|ハーモ

営業推進部

MC:横山美奈子

金型温調機はプラスチック成型において品質を左右する大切な機器です。設備選定基準にお悩みの方、成形品の不良率を改善させたい方、ぜひご視聴ください。お待ちしております。

お申し込みフォーム