● オンラインセミナー

規格改定でできなくなる半自動成形⁉︎ これからのインサート成形とは

規格改定でできなくなる半自動成形⁉︎ これからのインサート成形とは|株式会社ハーモ

11月25日(金)11時 開催

11月25日(金)11時にハーモウェブセミナー『規格改定でできなくなる半自動成形⁉︎ これからのインサート成形とは』を30分ほど開催いたします。

2021年3月25日にISO20430に準拠する形で、射出成形機の安全規格であるJIS B6711が改定されました。規格の要求項目の中には、半自動成形(オーバーライド)における安全規格の変更が含まれています。よって、今後生産出荷される射出成形機では今までのように人による半自動成形ができなくなるかもしれません。

これに伴い、今までワークインサートを人の手で行っていたインサート成形に大きな影響が出てくる可能性があります。 今回は、今後の業界の動向と自動インサート成形についてセミナーを行います。ぜひお気軽にご参加ください。

『生産性向上・自動化・省人化』がテーマです

射出成形の各工程における自動化や省人化はロボットや周辺機器導入によって解決できます。射出成形周辺機器の国内唯一の総合メーカーであるハーモだからこその製品群で皆様のお悩みを解決できます。お申し込みの際には今のお悩み事もお気軽にお寄せください。
今回のセミナーでは生産性向上・自動化・省人化の課題をテーマに、「自動インサート成形」をご紹介いたします。ぜひご参加ください。

セミナー内容(予定)

  1. 射出成形機の安全規格JIS B6711の改定について
  2. 各成形機メーカーの規格への対応ついて
  3. 取り出しロボットによる自動インサート成形の事例紹介

ご参加方法

下記のフォームからお申し込みください。(ご参加は無料です)
ZoomのURLを自動配信メールにてお送りいたします。
お時間になりましたらZoomにお入りください。

こんな方におすすめ

  • つきっきりのワークインサートと取出し作業を自動化したい(射出成形機オペレーター様)
  • 作業者の安全を確保したい(生産ライン管理者様)
  • 生産性が作業員のスキルに左右されてしまう(品質管理者様)
  • 成形品の品質が作業員のスキルに左右されてしまう(工場責任者様)
  • 人手不足に課題がある(経営者様)

登壇者

河口尚久|ハーモ

営業推進部

講師:河口尚久

規格は年々変わっていきます。今回は今までできていた半自動成形によるインサート成形が自動化しなければならないという大きな問題です。このタイミングで自動化を行い、作業者の安全の確保と生産性向上のために自動インサート成形に取り組みませんか?

登壇者

横山美奈子|ハーモ

営業推進部

MC:横山美奈子

人手に頼っていたインサート成形の課題に応えるセミナーを開催します。ぜひ社内のみなさまとご参加ください。お待ちしております!

お申し込みフォーム