チャック板の交換段取り時間が10分から15秒に大幅短縮|射出成形の段取り時間短縮

チャック板の交換段取り時間が10分から15秒に大幅短縮|射出成形の段取り時間短縮

射出成形で生産性を向上するために欠かせないのが段取り時間の短縮です。

通常10分ほどかかるチャック板交換は段取り時間短縮の大きな機会です。
ハーモの『スマートハンドアダプタ』で10分を15秒に大幅短縮できます。

段取り時間10分を15秒に大幅短縮。ハーモの『スマートハンドアダプタ』

  • 電気ポート・エアポートがある通常タイプ
  • 電気ポート・エアポートがないローコストタイプ
  • 可搬質量は「10kg」「35kg」で選択可能
  • 着脱が簡単で、チャック板を確実交換
  • 電気も一発で着脱可能(ポートありタイプ)

悩み・課題のまとめ

  • 配線・配管・取り付けボルト(4本)すべてやり直しのため時間がかかる
  • 位置決めがあいまいで、チャックトライ時に再度位置合わせの教示が必要
  • チャック板を間違えて取り付けることがある
  • 配線や配管の位置を間違えることがある

解決方法

1. ハーモの『スマートハンドアダプタ』で課題解決

『スマートハンドアダプタ』の使用で下記が実現できます。

◯ ワンタッチで取り付け可能(15秒)
◯ 電機ポート・エアポート付きで配線・配管不要
◯ 位置決めピンがあるので、チャックトライ時の位置の再現性が高い
◯ 自動チャック交換なら違うチャック板を取り付けるとエラーでお知らせ
◯ 電機ポート・エアポートがあるので、配線・配管を間違えない

今まで10分かかっていたチャック板交換が15秒に大幅短縮。

2. 動画で見るハーモの『スマートハンドアダプタ』

 

射出成形品取出しロボットで、「チャック板交換の段取り時間を短縮したい」「ヒューマンエラー(ポカミス)を無くしたい」などの課題解決に貢献するハーモの『スマートハンドアタプタ』をご紹介する動画です。

3. 自動チャック交換と手動チャック交換

自動チャック交換

自動チャック交換で射出成形の段取り時間短縮

手動チャック交換

手動チャック交換で射出成形の段取り時間短縮

 

チャック板交換の悩みを解決する資料ダウンロード

チャック板交換のお悩みを解決するオリジナル製品の紹介2

チャック板交換での「段取り時間を短縮したい」「ニューマンエラー(ポカミス)を無くしたい」と課題をもつ企業様ににおすすめのダウンロード資料です。

 

 

チャック板交換のお悩みを解決する資料はここをクリックしてダウンロードください。

製品カタログダウンロード

導入後の効果

今まで10分かかっていたチャック板交換が15秒に大幅短縮。

チャック板交換の段取り時間短縮を実現する資料ダウンロード

こんなお悩みを抱えている企業様におすすめのダウンロード資料です。

◯ チャック板交換に時間がかかってしまう

◯ 位置決めがあいまいで、再度教示が必要

◯ チャック板を間違えて取り付けるミスがある

◯ 配線、配管の位置を間違えることがある

『チャック板交換のお悩みを解決するオリジナル製品の紹介』の資料ダウンロードを見る

その他のおすすめ記事