動画で見る|取り出しロボットと成形周辺機器のトータルリンクによる「良品」「不良品」の自動仕分け

動画で見る|取り出しロボットと成形周辺機器のトータルリンクによる「良品」「不良品」の自動仕分け

人手不足の課題のウェブセミナーを開催します

ハーモウェブセミナー『省人化アイテムで人手不足を今すぐ解決!』825(水)開催_mini

2021年8月25日(水)11時 開催

ハーモウェブセミナー『省人化アイテムで人手不足を今すぐ解決!』を8月25日(水)11時に30分ほど開催いたします。詳しくは下記ページをご覧ください。

ハーモウェブセミナー『省人化アイテムで人手不足を今すぐ解決!』

 

取り出しロボットの自動ゲートカットの工程が1分でわかる動画

トータルリンクによる自動仕分け「良品」「要検査品」「不良品」

成形機から異常信号が入ると取り出しロボットは粉砕機などに不良品を排出。ハーモのロボットはリンクしている周辺機器の異常を感知して良品開放位置とは違う位置に不良品を運びます。これができるのはハーモだけ。
さらに重要なのは、不良品として排出するまでもなく、不良かもしれない/そうでないかもしれないの「要検査品」を判別し、指定の置き場に自動排出すること。

この動画では金型温調機で循環している水栓を半分止めて、人工的に周辺機器異常を発生させた際のトータルリンクによる自動仕分けをご覧いただけます。

動画内容

① 周辺機器の異常を感知してロボットが動作変更

取り出しロボットと成形周辺機器のトータルリンクによる良品不良品仕分け|周辺機器の異常を感知して取り出しロボットが動作変更

② 不良品を自動区分して取り出しロボット排出。ハーモの独自技術

取り出しロボットと成形周辺機器のトータルリンクによる良品不良品仕分け|取り出しロボットが不良品を自動区別して排出

③ 成形品の不良品置き場とは別に要検査置き場を設置

取り出しロボットと成形周辺機器のトータルリンクによる良品不良品仕分け|成形品の不良品置き場とは別に要検査置き場を設置

④ 実験(温調機の水栓を半分に止める)

取り出しロボットと成形周辺機器のトータルリンクによる良品不良品仕分け|実験①

  • 周辺機器異常発生 →要検査品置き場へ排出(自動で製品開放位置を変更)
  • 設定カウントアップ →不良品置き場へ排出(オペレーターが状況に気づかないなど、一定時間経過した際は自動で不良品排出へ)
  • 設定カウントアップ (上限)→取出機サイクル停止
④ 実験(温調機の水栓を元に戻す)

取り出しロボットと成形周辺機器のトータルリンクによる良品不良品仕分け|実験②

  • 水栓を元に戻して復旧した場合すると
    • しばらくの間は取り出しロボットは要検査品置き場に自動排出
    • 設置された回数のカウントアップ後は良品置き場へ移動し自動排出

成形品の「良品」「不良品」「要検査品」の混在を削減させたい方は、ハーモの『トータルリンク』による自動化がお役に立ちます

maxresdefault (1)

あきらめていた良品と不良品の自動仕分けや人手不足解消、24時間操業を実現するのに、ハーモの『トータルリンンク』はお役に立ちます。

詳しくはこちらをご覧ください。

『トータルリンク』のページを見る

射出成形でこんなお困りごとはありませんか?

  • 射出成形の設定に手間がかかる(射出成形機オペレーター様)
  • 設備が停止しても気付きにくい(生産ライン管理者様)
  • 生産設備の問題点が特定できない(成形品品質管理者様)
  • 成形品の品質が作業員のスキルに左右されてしまう(工場責任者様)
  • 生産性を向上したい(経営者様)

お気軽にご相談ください

射出成形における自動化・品質向上・コスト低減は射出成形の周辺機器を工夫することで解決できるかもしれません。
周辺機器の設定・起動・モニタの一括管理で、射出成形の自動化・品質向上・コスト低減を実現するのがハーモの『トータルリンク』です。
人手不足や生産性向上でお困りの方はお気軽にご相談ください。

相談・問い合わせをする

ダウンロード資料をご活用ください

『トータルリンク』の資料ダウンロードを見る

イラストで紹介!『トータルリンク』の資料ダウンロードを見る

トータルリンク|取り出しロボットと成形周辺機器のトータルリンクによる良品不良品仕分け

トータルリンクについて相談する

射出成形の生産性向上には、「取り出しロボット×周辺機器」の一括管理が有効です。

その他の自動化のご相談にもお応えします。ぜひお気軽にご相談ください。

相談・問い合わせをする

その他のおすすめ記事