樹脂成形品1万個の包装が40秒で可能に。射出成形品の自動包装で、袋詰め工程の省人化と精度向上

樹脂成形品1万個の包装が40秒で可能に。射出成形品の自動包装で、袋詰め工程の省人化と精度向上を実現

射出成形の基礎知識と課題解決については下記コンテンツをご覧ください。
射出成形とは|基礎知識と課題解決

自動包装機LMシリーズ

射出成形品の自動包装で、袋詰め工程の省人化と精度向上を実現します。

3分動画でわかる。自動包装機のメリットと使用例

ハーモの「自動包装機」のメリットと使用例を動画にまとめました。自動包装により、人的コストや時間コストの削減に貢献します。

作業者が射出成形品の数量を数えながら梱包していくことには限界があった

射出成形ラインの最終工程が梱包です。これまで作業者は掛かりきりになって樹脂成形品の数量カウントや、品質チェックなどの作業を行なっていました。

しかし、1日に数万〜数十万個の成形品を人手で捌くには限界がありました。ハーモの「自動包装機」を導入したことによって作業者の負担軽減や省人化、作業効率向上を実現した事例をご紹介します。

悩み・課題のまとめ

  • 作業者が梱包に掛かりきりになってしまう
  • 射出成形品を梱包するときの数量カウントの精度を上げたい
  • 成形品の製品種別とロットを管理したい

導入後の効果

自動包装機の導入で、梱包工程の作業効率の向上と省人化を実現

これまでは作業者が付きっきりになって1袋ごとに数量カウントしながら梱包していて、肉体的な負担にもなっていました。
さらに、一連の袋詰め工程の中で、作業者が正確に数量をカウントすることは現実的ではありませんでしたが、自動包装機を導入したことで手作業に比べて梱包の作業時間が1/3に短縮し、数量カウントの精度が向上。

その結果、数万〜数十万個単位の梱包作業に対応できるようになり、つきっきりだった作業者が他の工程に回ることができました。

解決・改善できたポイント

  • 手作業の時と比べて、梱包作業が1/3位の時間になった
  • 付きっきりの作業者を他の工程に回す事ができた
  • 肉体的に大変な仕事は機械に任せることで作業者の負担無くなった

自動包装機による改善事例の資料ダウンロード

成形品の袋詰め作業は付きっ切りの作業になるため作業コストが大きい工程です。

袋詰め工程を自動化し、作業コストやホコリ等の混入を防ぎ品質を改善した事例をご紹介します。ダウンロードしてご活用ください。

自動包装機の資料ダウンロードを見る

その他のおすすめ記事