ハーモのチューブフィルム自動包装機|1万個の成形品袋詰めが40秒で可能に

ハーモのチューブフィルム自動包装機|1万個の成形品袋詰めが40秒で可能に

射出成形品の袋詰めでこんなお悩みはありませんか?

  • 作業者が袋詰めに掛かりきりになってしまう
  • 射出成形品を袋詰めする際の数量カウントの精度を上げたい
  • 成形品の製品種別とロットを管理したい

ハーモの「自動包装機」で解決できます

  • 自動で梱包数量をカウントできる
  • 樹脂成形品投入用のリフターを設置し、高所にある投入ホッパーにも対応。樹脂成形品1万個の包装が40秒で可能に
  • 成形品のトレーサビリティを取るため、QRコード印刷対応のプリンタ付き仕様

チューブフィルム包装機 LMシリーズ

チューブタイプの自動包装機で、静電気によって付着したホコリや人手が触れないため、樹脂成形品がクリーンなままお客様のもとへお届けできます。
QRコード印刷のプリンタ機能やパーツフィーダとの組合せなど、お客様の設備、機器レイアウトに応じて柔軟にカスタマイズが可能です。

housouki-LM-series-skeleton-300x242

3分動画でわかる。自動包装機のメリットと使用例

ハーモの「自動包装機」のメリットと使用例を動画にまとめました。自動包装により、人的コストや時間コストの削減に貢献します。

 

自動包装機導入後の効果

梱包工程の作業効率の向上と省人化を実現

これまで
成形品の袋詰めに作業者1人が必要になってしまう。その人的コスト、1袋ごとに数量カウントしながらの梱包のため時間コストもかかっていた。肉体的負荷もかかっていた。

自動包装機を導入後
手作業に比べて袋詰めの作業時間が1/3に短縮し、数量カウントの精度が向上。
その結果、数万〜数十万個単位の梱包作業に対応できるようになり、付きっきりだった作業者が他の工程に回ることができました。

ポイント

  • 手作業時と比べ、梱包作業が1/3位の時間に
  • 梱包専任の作業者を他の工程に回せる
  • 作業者の肉体負担を解決

お気軽にご相談・お問い合わせください

成形品の袋詰め作業は付きっ切りの作業になるため作業コストが大きい工程です。下記のような課題をお持ちの企業様はぜひご相談ください。

  • 袋詰め工程を自動化したい
  • 作業コストを低減したい
  • 袋詰め時のホコリ混入等を防ぎ、不良品の対策をしたい

相談・問い合わせをする

 

その他の自動化に関わる記事もぜひご覧ください


 

自動包装機による改善事例の資料ダウンロード

成形品の袋詰め作業は付きっ切りの作業になるため作業コストが大きい工程です。

袋詰め工程を自動化し、作業コストやホコリ等の混入を防ぎ品質を改善した事例をご紹介します。ダウンロードしてご活用ください。

自動包装機の資料ダウンロードを見る

関連リンク