カメラ用レンズ成形でリサイクル率0%が10%に|粒断機の導入

カメラ用レンズ成形で0%だったリサイクル率が10%に|粒断機の導入

このページでは粒断機によるリサイクル率向上をご紹介しています。
ハーモでは粒断機のデモ機を無料で貸し出ししております。
ご希望の企業様は下記からお申し込みください。

射出成形の再生材リサイクル率に貢献する粒断機

バージン材でしか成形できなかったリサイクル率0%の成形品で再生材を使えないか

撮影カメラ用レンズの成形品を製造しているメーカーの方から「バージン材でしか成形できないカメラレンズの成形品で再生材を使えるようにしたい」というご相談がありました。該当の成形品は成形品本体よりもランナ部分の方が大きかったのですが、再生材による品質の不安からリサイクルできないため全て廃棄していました。

そこで、ハーモの粒断機の導入をおすすめしました。結果、これまで0%だったリサイクル率が10%にアップし、生産コストの低減も実現し、お客様にとても喜んでいただきました。

悩み・課題のまとめ

  • バージン材でしか成形できず、リサイクル成形が難しい
  • 高価な樹脂材料(3,000円/kg)のリサイクル率を高め、コスト低減を実現したい
  • 再生材の品質に不安がある

解決方法

1. リサイクル率向上には、粒の大きさを均一にカットすることが不可欠です

あきらめていたリサイクル成形を実現。樹脂材料のリサイクル率向上、コスト低減に貢献

リサイクルする樹脂材料の粒の大きさが不均一だったり、粉が混ざっていると、成形したときに白点などの外観不良に繋がることがあります。一般的な「粉砕機」では、その構造上、樹脂材料を均一な大きさの粒に砕くことは難しく、粉も発生してしまいます。

その結果、外観の品質が重要視される成形品ではリサイクルが難しくなってしまいます。樹脂材料のリサイクル率を上げるには、粒の大きさを揃え、粉の発生を抑える工夫が必要です。

2. 特殊なカット方式でスプルやランナを粒状にきれいにカットできるハーモの粒断機を提案

スプルやランナを粒状にきれいにカットできる粒断機を提案しました。従来の粉砕機とは異なるスイングプレスカット方式を開発したことで、ペレット形状のバラツキを抑えることが可能になりました。また、粒断機の構造上、粒断時の粉や静電気、熱の発生を極力抑えることができるので成形品の品質も安定します。

SPCⅡ-C750

再生材をきれいにカットしリサイクル率を高める粒断機

粒状にきれいにカットする粒断機です。特殊な機構により、粉や静電気、熱の発生も極力抑えることができます。運転音が静かで掃除も簡単な人気の製品です。

製品カタログダウンロード

導入後の効果

レンズ成形でリサイクル率0%から10%に改善

品質不安で再生材は使えないとあきらめていた高価な樹脂材料を使ったレンズ成形。バージン材により近い形できれいにカットできる粒断機を使うことで、はじめてリサイクルが可能になりました。

その結果、リサイクル率が0%から10%に改善し、コスト低減も実現できました。

解決・改善できたポイント

  • バージン材に近い形できれいにカットでき、スプルを捨てずに済むため、リサイクル率が向上
  • カットした材料の粒度が安定し、計量時間が短縮
  • 「粉」の発生が減ったことで黒点や焼けが抑制され、品質が安定する
再生材のリサイクル率を高める粒断機の申し込み

デモ機貸し出し・サンプルカット

「粒断機」を貸し出し、テストカットを試していただけるサービスです。弊社スタッフが立会い、現場にて「粒断機」の説明をさせて頂きます。

樹脂材料をお送りいただき弊社でサンプルカットすることも可能です。

デモ機貸し出し・サンプルカットを申し込む

その他のおすすめ記事