不良率10%を0~3%にまで激減。熱風乾燥機の乾燥不足による樹脂成形品の不良率を改善

不良率10%を0~3%にまで激減。熱風乾燥機の乾燥不足による樹脂成形品の不良率を改善

このページでは成形品の乾燥不足による不良を除湿乾燥ユニットにて改善した事例をご紹介しています。

乾燥不足による不良変化で考えられる原因

天気や湿度によって樹脂成形品の不良率変化にお困りの方は多いのではないでしょうか。気泡やシルバー(銀条)による外観不良の発⽣や加⽔分解による強度不⾜・衝撃性の低下は不良変化の要因として考えられます。

乾燥不⾜による⼨法誤差の発⽣は特に下記の材料で不良率が高くなることがあります。

乾燥不⾜による⼨法誤差が出やすい材料
  • PA(ポリアミド(ナイロン))
  • PET(ポリエチレンテレフタレート)
  • PBT(ポリブチレンテレフタレート)
  • PC(ポリカーボネート)
  • POM(ポリアセタール)
  • PMMP(アクリル)
  • LCP(液晶ポリマー)

原因は水分残りかもしれません。
株式会社ハーモでは徹底した除湿乾燥で不良改善にお応えしています。ぜひお気軽にご相談ください。

乾燥不足による不良成形品について相談する

相談・問い合わせをする

除湿乾燥ユニットのデモ機を無料で貸し出し

ハーモでは除湿乾燥ユニットのデモ機を無料で貸し出ししております。ユニット設置にはハーモの担当者がお伺いし、乾燥のお悩みを一緒に解決いたします。下記からお気軽にご相談・お申し込みください。

無料貸出に申し込む

熱風乾燥機では湿度・乾燥が厳密に管理できず、成形不良が10%近く発生していた

「これまでの樹脂成形品の乾燥には熱風乾燥機を使っていたが、天気や湿度によって成形品質が安定せず不良が発生してしまう」とご相談いただきました。

樹脂成形の品質を向上させ、不良率を改善するには湿度・乾燥を徹底管理する必要があると考え、ハーモの除湿乾燥機の導入を提案。結果、不良率を0〜3%に激減させることができた事例をご紹介します。

また、自動車部品に多く使用されるPCやPBTなどの樹脂成形でも除湿乾燥機のニーズが高まっています。車載の樹脂成形品でお悩みの方にもオススメです。

悩み・課題のまとめ

  • 熱風乾燥機では乾燥にバラつきがあり、樹脂成形の品質が安定しない
  • PA(ポリアミド)を成形するとシルバーストリークの不良が出る
  • PBT(ポリブチレンテレフタレート)を成形すると割れ等の強度不足の不良が出る
  • PC(ポリカーボネート)を成形すると透明部分にくもりの不良が出る

解決方法

1. 熱風乾燥機から除湿乾燥機へ切り替えて、最適な乾燥状態を管理

熱風乾燥は乾燥に時間がかかりすぎてしまい、一部の樹脂材料が過乾燥状態になり、成形不良の原因となります。

一方、除湿乾燥は-45度の低露点の乾燥エアを注入することで含水率が安定し、成形品の寸法誤差を最小限に抑え、成形不良を減らすことができます。さらに、乾燥時間が短くなるので、段取り時間の短縮も期待できます。

2. 徹底した除湿・乾燥で水分残りによる不良を解決!

樹脂成形品の気泡やシルバーストリーク(銀条)による外観不良や強度不足、寸法誤差は「水分残り」が原因かもしれません。成形不良を未然に防ぐためには、成形材料の除湿・乾燥を徹底して行うことが重要です。
こうした不良率の改善のために「除湿乾燥ユニット」を導入し、成形品質の安定と生産性アップを実現しました。

除湿乾燥ユニット MDRⅡシリーズ

除湿乾燥ユニットMDRⅡ

徹底した除湿乾燥により、品質の安定と乾燥時間、段取り時間の短縮を実現できます。 省スペースで様々な条件下でも設置にも柔軟に対応する除湿乾燥機です。

製品カタログダウンロード

3. -45℃の低露点(水分除去された)エアで、加水分解による劣化の抑制&強度安定

樹脂材料に含まれる水分が化学反応を起こす加水分解が原因で、樹脂成形品の強度が低くなります。露点温度空気中の水分量を示す値なので、低露点の空気であるほど乾燥している状態を作り出せます。

徹底して除湿乾燥された空気(-45度)を樹脂材料に注入することで、水分を飛ばし、樹脂成形品の成形不良を防ぐことができます。

4. 部品劣化による異物混入を防ぐ。長寿命な高分子膜式によるエアドライヤーを採用

劣化したハニカムはコンタミ(異物混⼊)の原因となることがあります。また、ハニカムの交換にも時間がかかるため生産性も低くなります。
ハーモの除湿乾燥ユニットMDRⅡは乾燥部にメンブレインドライヤー(⾼分⼦膜式)を採⽤しています。 寿命が7年以上と⻑くとても経済的。また交換も容易で高いメンテナンス性に優れます。

5. 含水率の安定化で、成形品の寸法誤差を最小限に抑える

MDRⅡと熱⾵乾燥機との乾燥精度は⼤きく差があります。 含⽔率が安定することで、成形品の⼨法誤差を最⼩限に抑えます。 さらに熱⾵ドライヤーより、約2時間早く成形可能な⽔分量まで除湿乾燥でき、⽣産性アップに貢献。

moisture

 

導入後の効果

不良率が10%近くあったが、除湿乾燥ユニットの導入で、0%~3%にまで激減

熱風乾燥機では、天気や湿度などの外的な要因で乾燥度合いにバラつきがあり、シルバーストリークや強度不足、透明部分のくもりなどの不良が発生していました。除湿乾燥ユニットの徹底した湿度コントロールと乾燥により成形品質が安定。

その結果、10%近くあった不良率が0〜3%まで激減。
短時間で成形可能な水分量まで除湿乾燥することもでき、生産性向上にもつながりました。

解決・改善できたポイント

  • 熱風乾燥機から除湿乾燥機への切り替え
  • 除湿乾燥機の徹底した湿度コントロールと乾燥技術で成形品質を安定
  • 不良率を0〜3%にまで激減
除湿加湿ユニット MDRⅡ

除湿加湿ユニット MDRⅡの無料貸出

除湿加湿ユニットMDRⅡを無料でお貸し出しいたします。ユニット設置にはハーモの担当者がお伺いし乾燥のお悩みを一緒に解決いたします。

無料貸出に申し込む

その他のおすすめ記事