● レポート

ハーモウェブセミナーレポート『2軸サーボ駆動スイングタイプロボットEXZⅡシリーズ』2020/11/18開催

ハーモウェブセミナーレポート『2軸サーボ駆動スイングタイプロボットEXZⅡシリーズ』2020/11/18開催

2020年11月18日(水)に開催したハーモウェブセミナー『取出タイムの速さで生産性アップに貢献するEXZⅡシリーズ』の動画といただいたご質問への回答を掲載いたします。ぜひご覧ください。

ウェブセミナー内容

EXZⅡシリーズおすすめポイントのご紹介
  1. 生産性の向上(動画5:12~)
  2. 段取り時間の短縮(動画7:02~)
  3. 安全性の確保(動画12:36~)
  4. Q&Aのコーナー(動画13:59~)
  5. EX4シリーズの紹介(動画15:49~)

生産性の向上(動画5:12~

1118-EXZ2-1-min
  • エア駆動スイングタイプ「EX4」の取り出しタイム:2.1秒
  • 一方の「EXZⅡ」の取り出しタイム:0.8秒

取出タイムが62%短縮

この違いが生産性に与える影響とは?

ポイント1 生産性の向上

2軸サーボ駆動スイングタイプロボットEXZⅡのポイント①生産性の向上取出条件が「12個取り、24時間成形、成形サイクル10秒」の場合

2軸サーボ駆動スイングタイプロボットEXZⅡが可能にしたこと

  • 1ヶ月で464,760個増加
  • 生産性は15%アップ
  • 生産性の向上に貢献

この動画を見る

 

段取り時間の短縮(動画7:02~

ポイント2 段取り時間の短縮

2軸サーボ駆動スイングタイプロボットEXZⅡのポイント②段取り時間の短縮

段取りの工程が大幅短縮(5工程→1工程)

エア駆動EX4タイプの場合(段取り時間5分)
  1. 成形機に登る
  2. エアの圧力を下げる
  3. エアストッパーを緩める
  4. 位置調整して増し締めし、エア圧力を戻す
  5. 成形機から降りる
EXZⅡタイプの場合(段取り時間30秒)
  1. 前後上下軸にサーボモータを採用することで、手元のコントローラで調整が完了

2軸サーボ駆動スイングタイプロボットEXZⅡが可能にしたこと

段取り時間は「5分→30秒」で完了。
特に成形機を多くご使用のお客様には、段取り時間短縮に大きく貢献します。

この動画を見る

 

安全性の確保(動画12:36~

2軸サーボ駆動スイングタイプロボットEXZⅡのポイント③安全性の確保

今までのエアタイプの「起こり得る問題」

作業者が成形機に上り、工具を使って調整するため、リスクが多数
  • 作業中に成形機から滑り落ちてけがをする
  • 工具を落とし、金型を傷つける
  • 粉砕機に工具を落とし、刃を破損する

EXZⅡの場合

作業者が成形機に上らず手元で調整できるため、リスクが少ない
  • 手元作業
  • 成形機に上らない
  • 手元での調整作業ができる

2軸サーボ駆動スイングタイプロボットEXZⅡが可能にしたこと

作業者の安全性が確保できます!

日々忙しくされている射出成形の現場において、職場の安全性は非常に重要です。
射出成形加工業者様の職場の安全環境の確保に関して、私たち株式会社ハーモでは「ハード」「ソフト」の両面からお客様へ価値提案をさせて頂いています。

成形現場の安全性については下記の記事をご覧ください。

『射出成形現場の安全への取り組みは十分ですか?』ページを見る

この動画を見る

 

Q&Aのコーナー(動画13:59~

Q 先程の生産性の向上や、段取り時間の短縮、安全性の確保以外にEXZⅡを導入するメリットはありますか?

3つあります。

  1. レンズ等光学系の部品を取り出す際に、停止精度が高くブレがないため、レンズ面にキズが付かないこと
  2. 第二下降の位置が任意で設定可能のため、成形機の近い位置でゲートカット装置が置けるので、省スペースであること
  3. エアの消費が少ないのでクリーンルームに向いている点があげられます。

Q EXZⅡのメンテナスは楽ですか?

はい、楽です。
エアタイプですと定期的にパッキンなどのショックアブソーバーの交換ですがその必要がありません。

Q どんな業種の企業が購入されますか?

主にコネクタやレンズ成形の企業様が多い印象です。
スイングタイプのロボットを10台以上入れていただいたお客様が、生産性の向上を理由に購入されるケースが多いです。

この動画を見る

 

EX4シリーズの紹介(動画15:49~

1118-EXZ2-5 (1)

エア駆動スイングタイプロボットEX4シリーズの特徴

  • 姿勢部は配線内臓式を採用し、配線の接触、断線リスクを解消
  • 高剛性の本体ボディ内に制御部を内蔵し、外部環境から影響を受け難いレイアウト
  • 弊社特許のDUSシステムでショックアブソーバー+エアクッションを使いエアクッションタイマーを制御することで、ショックアブソーバーへの負担を軽減し、耐久性を向上(DUSシステムの説明動画はこちらからご覧ください
  • また、EX4、EXZⅡ共通となりますが、金型交換時のラチェット操作を操作し易い位置にし、1アクション機構を採用することで、段取り時間の短縮を実現
  • さらに、長期間使用しているとかじって動かし難くなっていたストッパであるシャフトホルダは、取外し可能な構造に変更しより使いやすくなりました

エア駆動スイングタイプロボットEXZ4シリーズの解説動画

 

ハーモウェブセミナー『2軸サーボ駆動スイングタイプロボットEXZⅡシリーズ』の動画完全版はこちらからご覧ください

 

ご相談・お問い合わせをお寄せください

株式会社ハーモのお問い合わせ・ご相談ボタン

生産性向上や取り出しロボットについて質問をどしどし受け付けております。
『お問い合わせ・ご相談ページ』にてご相談事項をご記入ください。

相談・問い合わせをする

 

ダウンロード資料をご活用ください

スイングタイプロボットと竪型射出成形機用取出ロボット

射出成形品の取出し工程は取出しタイムを短縮することで、1ショットのサイクルタイムが大きく変わります。
この資料ではサイクルタイムや段取り時間の短縮、耐久性やメンテナンス性にも着目しているハーモの取出しロボットをご紹介しています。ぜひ、資料ダウンロードして社内の課題解決にお役立てください。

『スイングタイプロボットと竪型射出成形機用取出ロボットのご紹介』の資料ダウンロードを見る

 

取り出しロボット・取り時間短縮のおすすめ記事

生産性向上のおすすめ記事

射出成形業界の関連記事

取り出しロボットのご相談

取り出しロボットのご相談

成形機周辺機器の工夫で課題改善できることは多くあります。
射出成形周辺機器の総合メーカーであるハーモだからこそのご提案・解決策をご案内いたします。
射出成形の取り出しロボットでお困りの際はぜひ私たちハーモにご相談ください。

相談・問い合わせをする

その他人気記事